エロ漫画「人をダメにするちょいブス顔40点、身体120点の彼女」の魅力について語るぜ!

 

でもぶっちゃけ、まず漫画を読むのが一番早い!

ちょいブスのあられもない姿をフルカラー漫画で見て欲しい↓

 

ブス顔はやべぇ漫画だけど抜ける。

ブス顔に耐えられるか気になる人は無料立ち読みがオススメ↓

>>>人をダメにするちょいブス無料立ち読み
BookLiveコミック【AC】人をダメにするちょいブス※スマホ専用

彼女にフられたばかりの大学生・拓巳は友達から合コンに誘われます。

彼女ナシになって寂しい男を慰めてくれるなんて美しい友情のようで実はこれには裏が。

合コンに参加した拓巳の心は踊ります。

なかなかな美人揃い、ただし一人を除いて。

端に座っている女の子はかなりな地味さがありありとわかります。

メガネをかけた顔は他の女の子たちと比べるととても美人だとは言えません。

盛り上がる合コンの合間に男たちはタバコ休憩で部屋を離れます。

そして、女の子たちを品定め。

やはり皆あの地味な女の子を敬遠します。

あの顔は40点だと。

合コンが再開するとゲームになり、ペアを組むことになります。

合コンでペアになるのは胸ドキドキになるはずですが、拓巳は違いました。

彼は顔40点の女の子・祥子とペアになった、いいえペアにさせられたのです。

男友達の本音は合コンの人数合わせの為に拓巳を呼んだだけ。

彼らはかわいい女の子とのペアを成立させて大盛り上がりです。

この状況に拓巳は怒りをおぼえて、酒がすすんでしまいます。

気分の悪くなった彼は合コンから離脱して部屋を出ました。

しかし、悪酔いした為に動けなくなります。

そこで声をかけられました。

声の主は顔40点の祥子。

彼女は拓巳を心配して水と薬を持ってきたのです。

祥子にやさしく介抱される拓巳は彼女の体に注目していました。

顔は40点だけど体は120点。

おいしそうな巨乳が服の上からでもわかるナイスなボディ。

そこに男友達がやってきます。

その友達は顔40点の女の子にしか相手にされない拓巳をからかって、祥子にも手をだそうかとそんなことを言いました。

男友達への反感を契機に拓巳はそのまま祥子を連れてラブホへ行きます。

あれよあれよという間にベッドの上にいる二人。

実は祥子は拓巳に関心があったようです。

それでもこんなシチュエーションは初めてで拒みがち。

そんなことも構わず拓巳はおっぱじめるのです。

いやがっていた祥子でしたが、自分の初めてを拓巳に捧げてしまいます。

祥子の体が最高の感覚を与えてくれ、彼はその虜になりそうになります。

初デートの日を迎えましたが拓巳は後悔半分でした。

顔40点の女の子と交際することにはやはり不満なのです。

今日会って別れを言おうと思いたちます。

しかし、120点の体のあの感触は捨てがたく、別れ話はセックスの後に切り出すことにします。

待ち合わせたカフェを出た二人。

その時祥子が拓巳の家に行きたいと言います。

彼氏の部屋で二人きりの時間を過ごすことが夢だったと言う祥子。

拓巳はホテル代が浮くと、それに応じます。

部屋に入った途端、拓巳は祥子をベッドに押し倒します。

セックスすることまでは夢のデートプランになかった祥子はいやがります。

でも、拓巳はそんな祥子を落としていきます。

彼女の体はやはり前回感じたのと同様に最高でした。

思わず彼は祥子の中でいってしまいます。

別れ話については今日話すことを止めた拓巳。

新しい彼女が見つかるまで、120点の体をツナギとしておこうと考えたのです。

拓巳の為に食事を用意している祥子。

エプロン姿の彼女に拓巳は絡みついていました。

祥子は彼氏の為に尽くしているのですが、拓巳は祥子の体だけが目当て。

二人のセックスは中出しが当たり前のようになっていました。

しかも、自分の部屋で過ごすばかりで外出を一切しないことからお金を使わなくなっています。

拓巳は既にバイトを辞めていました。

しかし、家賃などは払わなければなりません。

祥子に対してエスカレートしていた拓巳はハメ撮りをしていました。

そこで、これを金にすることを思いつくのです。

ネットにアップしたハメ撮り動画で儲かってしまった拓巳。

興奮している祥子の顔がとてもエロく思えたのが撮影を始めたきっかけでした。

AVのようなことを現実にしているだけでなく、それで金儲けできていることにご満悦です。

拓巳は更に金を稼ぐことを考えました。

祥子をコスプレの撮影会に駆り出したのです。

水着姿の祥子はたくさんのカメラに囲まれていました。

金儲けなどちょろいものだと浮かれていた拓巳。

しかし、やがてそのお気楽な気分が変わるのです。

祥子をローアングルから撮影するカメラ小僧たち。

その視線はとてもいやらしいものでした。

拓巳はそれに怒りをおぼえます。

この120点の体は俺だけのものなので、いやらしく見るな、いやらしいことを考えるな、と。

彼ははからずも嫉妬していたのです。

撮影会を急遽打ち切りにした拓巳は祥子を連れ出してホテルに入ります。

そこで激しいセックスを展開しました。

拓巳は、体だけがお目当てだったはずの、祥子に対して愛情のようなものが芽生えてきた・・・?